ニューカレドニアのコンセントはCタイプ【プラグと電圧】

      2017/12/03

ニューカレドニアのコンセント・電圧は日本と同じではありません!

結論としては「電圧は220V」で「プラグはC型」となります。充電するときに困らないよう、事前準備しましょう。以下、海外旅行の準備段階で必ず確認する「コンセントプラグ・電圧」について、詳細をまとめました!

ニューカレドニアのコンセント・電圧の基本情報!

ニューカレドニアのコンセントですが、プラグはフランスと同じ【Cタイプ】が主流です。

Cタイプのプラグとは、2本とも丸型のコンセントです。日本の家電をそのまま指すことはできませんので注意してください。

そして、ニューカレドニアの電圧は【220V】となっております。(ちなみに日本は世界でも珍しい100Vだそうです。)220Vに対応していない家電を持っていく場合は変圧器が必要になります。

ニューカレドニアのCタイププラグについて

コンセントプラグの変換については、変換プラグがあれば簡単にできます。

私は数年前に近所の100円ショップ「ダイソー」で購入しました。トラベルコーナーや電機小物コーナーに並んでいます。現地で使えないことがあると大変なので、2つ購入して持っていきました。もう数年利用していますが、不具合はありません。優秀です!!

個人旅行をするにあたり、スマートフォンは必須です。フリーWIFIを拾ってホテルやレストランや道順を確認したり、写真を撮るためにカメラ機能を利用したり、日本の友人たちと連絡を交わしたり、どれもこれもスマートフォンが大切です。つまり、スマートフォンの充電も超大切です。

忘れずに!必ず!Cタイプの変換プラグを持っていくようにしましょう!!!!

ちなみに、こんな多種類の変換プラグがあると最高です!!これは重宝します!ポーチ付きだし!!!!

ニューカレドニアの電圧は【220V】です。日本の電圧は100Vです。

だから日本の電化製品がすべて利用不可能かというと、そうでもありません。コンセントをよーく見ると、どこかに薄く「INPUT:100-240V」といった表記がありませんか?例えば私のPC充電器にはこう書かれております↓↓

【100-240V】という表記があるのが分りますでしょうか?こういった電化製品は、ニューカレドニアでも変圧器不要です!そのままプラグ変換だけすれば、使えてしまいます。(上で紹介したCタイププラグは必要)

私が今まで「これは日本のコンセントしか対応してないな、不親切だな~」なんて思ったことがあるのは、ガラケー充電器・ニンテンドーDS充電器・髭剃り充電器などです。逆に、最近のスマートフォン充電器・デジタルカメラ充電器などは、どれもグローバル化が進んでいるのか100-240Vとなっている製品が多いと思います。

個人的には電圧が合わないものは、日本から持っていかない方針です。理由は変圧器が高いし、かさばるからです。どうしても、この日本の家電をニューカレドニアで使いたいという方は、こちらです↓↓

ニューカレドニアのコンセントについて解説していきました。

ヨーロッパで良く普及している【Cタイプ】のコンセントプラグで、電圧は【220V】であるということを認識したうえで、旅行の準備をしましょう!これを忘れると大慌てすることになります。また、これが壊れるとこれまた大変なことになりかねません。日本でしっかりと準備して、万全なニューカレドニア旅行を楽しみましょう^^

直行便エアカランでニューカレドニアへGO!!

 - 基本情報