ニューカレドニア旅行

【知っておきたい】ニューカレドニアのチップと税金ルールは?

記事内に広告を含む場合があります。

チップ習慣の有無って、海外旅行前に必ず知っておきたいですよね…。

  • ニューカレドニアではチップが必要?
  • ニューカレドニアは税金が高い?
  • レストランやタクシーで支払う時の注意点は?

ニューカレドニアではホテルでもレストランでも、親切丁寧にサービスしてくれますが…実はチップ不要

その代わり、笑顔でお礼を言うのがマナーでしょう!メルシー!

 

今回のブログ記事では、ニューカレドニアのチップや税金の風習について、体験談をもとに解説していきます☆彡

ニューカレドニアではチップ不要!

(引用:ニューカレドニア観光局

改めてになりますが、ニューカレドニアにはチップの習慣がありません。

タヒチやフィジーにも無いようです。オセアニアリゾート諸島にはチップ習慣がないのかもしれません。

旅行客にとっては、たいへん魅力的!

 

レストランでもチップ文化はなさそうでした

ニューカレドニアのレストランでは、担当のような人が付いて、わざわざ日本語のメニューを渡してくれたり、

注文をすると「Perfect  Choice!!」と言ってくれたり、

「この料理はNICEだろ??」と食事中に声をかけてくれたり、

笑顔でお会計をしてくれたり、とてもフレンドリーで紳士的な対応をしてくれますが…チップは不要です!

 

チップを欲しそうな表情も、まったくありませんでした(^^)/

 

ホテルのバトラーさん、ハウスキーパーさんにもチップ不要

ホテルでも、バトラーさんが受付から部屋まで荷物を運んでくれたり、

時には私も乗せて移動してくれたり、丁寧にハウスキーピングしてくれたり、

ハウスキーピングの時間も希望通りにしてくれたり、

レンタカーを手配してくれたり、

レンタカーをホテルに置きっぱなしにして返却にしてくれたり、

カヌーを貸し出してくれたり、非常に丁寧で親切な対応をしてくれますが、これもやはりチップは不要です。

 

これは皆さんのサービス精神からくるものですので、

こちらも気持ちよく「メルシー!」とお礼をして、「セボン!(美味しい)」と伝えると、喜んでくれます^^

 

特に気を付けるべきマナーや風習が無いので、緊張せずに楽しめますね^^

リゾートといえど、堅苦しいのは嫌いです^^;

 

ニューカレドニアに消費税はない!税金はサービス税のみ

ニューカレドニアには消費税や物品税がありません。

 

観光客はもちろんのこと、地元の皆さんも【TAX FREE】なようです。

 

しかし、サービス税という名称で、5%が一律上乗せされています。

まあ、消費税と同じようなものですね。

 

ちなみに、フランスでは最大19%もの付加価値税があるようですね・・・高いな。

※日本の消費税もついに10%まで上がってしまいましたので、ニューカレドニアの

 

ニューカレドニアにチップ制度はないが、物価が日本より高い

ニューカレドニアにチップ制度が無いのは良かったのですが、

ニューカレドニアの物価は、日本よりもだいぶ高いです!!!

  • ホテルの朝食ビュッフェは3000円
  • ランチメニューも2000円
  • ディナーにお酒も飲むと4000円

といった感じ…ハワイと同じくらい高い。

 

外食費が特に高いので、個人手配で格安旅行をしている私にとっては工夫が必要でした。

スーパーでインスタントラーメンを買い、ホテルのカップに半分に割ってお湯を入れ、持参した割り箸で食べるといった感じです。

なぜかインスタントラーメン・カップラーメンは日本よりも安く買えたので、助かりました。

 

物価にもばらつきがあります。

フランスパンは安かったので、毎日食べてました。

 

こちらの記事でも物価について紹介しています↓↓

▶ニューカレドニアの通貨と物価を徹底解説!

 

ニューカレドニアのチップ制度に関わるよくある質問

ニューカレドニアにおけるお金の文化に関する、よくある質問と回答を紹介します!

Q
ニューカレドニアで使えるカードは?
A

主要な国際ブランドのクレジットカードが広く利用可能です。VISA/Mastercard/American Expressはほとんどの店で使えますが、JCBは対応していないことが多いです。

Q
ニューカレドニアのドレスコードは?
A

ニューカレドニアのドレスコードは、基本的にはリゾート地らしいカジュアルでリラックスした服装が一般的です。ただし、カジノや高級なレストランなどでは、スマートカジュアルが求められることがあります。男性は襟付きシャツやポロシャツ、女性はワンピースやきれいめのブラウスとスカートなどが適しています。ビーチサンダルやタンクトップは避けた方が良いでしょう。▶参考:ニューカレドニアの服装・ファッション

以上、参考にしてみてください☆彡

 

【要注意】海外のチップ文化ってややこしいですよね…

海外旅行先では、日本にはない「チップ文化」があります。

特にアメリカでは、ホテルでもレストランでも、チップを払うのが当たり前のルール・マナーになっているので困惑します。

 

スマートに払いたいけど、

  • いつ
  • どんな時に
  • だれに
  • いくら
  • どのように

チップを渡すのが正解なのか、いつも戸惑います。

少額の現金も常に持っていないといけないので、正直、面倒なんですよね;

 

その点、ニューカレドニアにはチップ文化がないので助かります。

 

【まとめ】ニューカレドニアではチップ不要!挨拶が最低限のマナー!

今回のブログ記事では、ニューカレドニアのチップ・税金・物価について情報をまとめました。

 

ニューカレドニアには、チップ制度は無し、消費税はないけど5%のサービス税がとられている、しかし物価が高いので注意、

という感じでまとめに出来ればと思います。

 

レストランでもホテルでも、チップ替わりに笑顔の「メルシー」を返せるといいとおもいます!

ややこしいマナーや風習が無いので、自然体の挨拶が一番のコミュニケーションです!

 

私の場合、17日間の滞在でしたが、フランス語は4単語だけを使いこなしました。

▶ニューカレドニアの言語はフランス語

最後まで読んでいただいて、メルシー!!

 

こんな記事も読まれています↓↓

▶ニューカレドニア旅行はビザ不要!【パスポート残存期間は出国時3か月以上】

▶ニューカレドニア旅行に超役立つブログ記事まとめ【個人旅行記】