【5年経過】フリーランスが楽しすぎる件。自由に遊ぶように仕事する【働き方改革】

フリーランス・生き方

フリーランスとして独立して約5年が経過しました。

会社を脱サラし、サラリーマンから個人事業主となりましたが、はっきり言って、人生が楽しすぎます。

  • フリーランスは楽しすぎ?
  • 仕事、収入の安定性と自由度
  • 一日の過ごし方、働き方は?
  • つらい、厳しいこともある?

このような情報を、ブログ記事にまとめました。

 

大学の同期などに久しぶりに会うと、「フリーランスか…なんか楽しそうにやってるね」と声をかけられます。

会社員並みに収入を稼いで生活を安定させるには、困難・努力・忍耐も必要です。

 

毎日が大変で、精神的にも肉体的にも辛い時期だってありました。

それでも、フリーランス生活は楽しすぎる!自由な働き方、生き方の体験談を紹介させていただきます。

 

▶【起業はしない】脱OL→フリーランスで自分の人生を取り戻す

フリーランスは楽しすぎ!最高の働き方です

今回のブログ記事の結論を言うと、「フリーランスは楽しすぎ!」ということです。

  • 自分の力で稼ぐ
  • 自分の判断で一日を過ごす
  • 自分の自由に選択できる

毎日の出来事すべてが自分次第なのって、「人生を生きている実感」があるんです。

朝起きてから夜眠るまで、人間に等しく与えられた24時間を、自分の考えた通りに過ごすことができます。

 

フリーランスの言葉通り、自由なんです。

 

人生の自由度は、他には代えがたいものです。

個人的には、幸福度を大きく左右する要因だと思います。

 

誰にも依存せず、自分の好きなことや得意なことで稼ぐことができれば、それは本当に素晴らしいことです。

 

電車オタクの人が、電車をただただ眺めているだけで生活費をもらえるとしたら…?

アニメヲタクの人が、アニメを一日中見ているだけで稼げたら…?

超幸せで、楽しすぎる人生になると思います。

フリーランスって、本質的に「自分の」人生を生きる働き方なんです。

 

みなさんは、自分の選択や判断で、24時間を過ごせているでしょうか?

▶【なってみて良かった】フリーランスが最高!デメリットもあるが幸福度UP

 

会社員の楽しさとは種類が違う

脱サラしてフリーランスになった結果、自分がどれほど「不自由」だったか思い知らされました。

 

新型コロナウイルスの影響で、リモートワーク・テレワークといった働き方が注目されていますが、会社に所属している限りは自由ではありません。

  • 出勤時間
  • 勤務場所
  • 仕事内容
  • 上司や部下との連携
  • 部署間の人事異動
  • 転勤の可能性
  • リストラの可能性
  • 倒産のリスク

 

人間関係も、時間も、場所も、仕事内容も、賃金も、すべてが会社次第。

サラリーマンは、自分の自由を「質」に入れて、安定的な給与をもらっているとも言えます。

 

会社員ならではの楽しさがあることも知っています。

ひとりでは決してできない大規模な案件に関わることができるし、社会的に、文化的に貢献度の高い事業を担当できることって、楽しいしやりがいがありますからね。

 

でも、仕事人間でなく、ひとりのニンゲンとして、会社員よりもフリーランスの楽しさを腹の底から実感しています。

 

遊びと趣味と仕事…人生の統一感

フリーランスとして生きていけるようになると、人生の統一感を感じられるようになります。

 

説明が難しいですが、

  • 趣味
  • 遊び
  • 仕事
  • 家事

などの時間が、すべて一体化してくるんですよね。

 

「遊ぶように働く」とか「仕事は遊びの延長線」とか、表現する人がいますよね?

それと同じ感覚です。

 

一日24時間をどのように過ごすか、仕事をしつつも、それは自由な選択の一部。

  • 何時に始めても自由
  • 何時に終わっても自由
  • どこで働いても自由
  • 誰と働いても自由
  • 何して稼いでも自由
  • 途中で趣味を楽しむのも自由
  • 食べながらでも飲みながらでも自由

 

特にブロガーだと、日常の体験を「記事」という形でアウトプットするのが仕事になるので、遊びも仕事も一体になってきます。

 

遊びも仕事、仕事も遊び…という感覚になってくると、人生は「イージーモード」になってきます。

 

フリーランスはストレス解消なんて必要なし。

そもそも、ストレスフリーですから。

 

【実体験】フリーランスの一日の過ごし方、働き方

私自身、フリーランスとして5年間、生活してきました。

一日の過ごし方、働き方を簡単に紹介してみます。

 

  • 9時、起床
  • 朝食を食べながら情報整理
  • 10時、ブログ記事作成など
  • 11時、読書やDVD鑑賞
  • 12時、ランチ食べながら仕事
  • 13時~18時、遊びなど外出
  • 19時、夕飯食べながら仕事チェック
  • 20時、ブログ更新
  • 21時、DVDや読書
  • 22時、受注したライター案件など
  • 24時、歯磨き&就寝

おおまかに紹介すると、こんな感じの過ごし方。

 

一日の半分以上は、遊んでます。

買い物したり、図書館行ったり、ハイキングしたり、サイクリングしたり、バスケしたり…

 

私は食事しながらメールチェックしたり、先輩ブロガーの記事を読んだり、情報収集することが多いですね。

これらも、ちょっとした仕事です。

 

一日の過ごし方も働き方も、本当にフリーなので、毎日自分のペースで仕事を進めることができます。

最高の働き方です。

▶【人生変えようよ】仕事がつまらなくて死にそう…頭がおかしくなりそう【体験談】

 

フリーランスの辛さ、厳しさは収入の安定性

楽しすぎるフリーランス生活ですが、やはり辛いのは収入の安定感のなさ。

 

稼げる仕事案件がいつでもあるわけではありません。

固定給がないので、毎月毎月が「勝負」になってくるのが厳しい…

 

特にフリーランスとして駆け出しのころは、低賃金で長時間労働をこなさないと「食べていけない」という人も多いんです。

  • フリーランス辞めたい
  • 会社員に戻りたい
  • 毎月の安定収入が欲しい
  • フリーランスでは生活できない
  • 後悔している

こんな悲痛な叫びも目立つんですよね。

 

良くも悪くも「自己責任」の世界ですから、精神的にも金銭的にもタフさが求められるかもしれません。

 

フリーランスでも、定期的に仕事を依頼されるようになったり、ブログ収入のような「半・不労所得」を稼げるようになれば、ある程度は収入を安定させることができますからね。

 

個人的には、今の時代、サラリーマンなんかやってる方がよっぽど不安定だと思うんですけどね。

▶【生死の境】サラリーマンの目が死んでるのはなぜ?暗い&無気力

 

フリーランスの人生を楽しめる人の特徴

フリーランスの人生が楽しすぎる!と思える人には、共通の特徴があるように思います。

  • マイペース
  • やりたいことが明確
  • 自分なりの考えがある
  • 常識や世間体と距離がある
  • 勉強熱心で向上心がある

なんとなく、筆者の周りにいる「フリーランスを楽しんでいる人」は、こんな特徴がある気がします。

 

実は私は、会社員を辞めるまでは常識に縛られた「いい子」だったんです。

高学歴で、ホワイト企業に入社して、上司の評価も悪くない…

 

でもその時は、自分で自分をだましていたんです。

幸福な人生とは何か、自分が何をしたいのか、なんて考えてませんでしたからね。

 

考えていないということは、目をつぶっているということ。

本当の私は、自由が好きで、好きな人と世界中を旅して、色々な知らないことを経験してみたかった。

 

フリーランスが楽しすぎると感じられる、本当の自分(遊戯王みたい…)を見つけられて、良かったです。

 

フリーランスの働き方が向いていない人もいる

向いている人がいるということは、向いてない人もいるということ。

 

「フリーランスを楽しめない」「辞めたい」「後悔している」と語っている人々は、自由な働き方が向いていなかったんだと思います。

 

もう少し踏み込むと、

  • リスクより安定を好む
  • 自分の能力に自信がない
  • 深く考えないで流されやすい
  • 周りの目を気にする
  • 目立ちすぎるのが苦手

といった特徴があるように思います。

 

常識や世間体や安定感を気にするような人は、フリーランス生活が楽しめません。向いてません。

(そんな人はフリーランスにならないかもしれませんが…)

 

  • 自分は人生で何をしたいのか
  • どんな働き方が幸せなのか
  • 自由を求めているのか

こういう本質的な、ちょっと哲学的な、人生の「深い問い」に向き合ったことがない人は、フリーランスになっても成功しないし、ストレスをためることになるかもしれませんね。

 

「楽しそうに働いてるね」とよく言われる

フリーランスとして働いてからは、自他ともに認める「楽しそうな人」になりました。

 

仕事も人生も楽しすぎて、嬉しすぎて、周りにも分かるみたいです。

 

  • 独立なんてやめとけ
  • フリーランスは辛いぞ
  • 稼げないで困るぞ
  • 生活していけないぞ

脱サラしようとした時、家族も友人も、大反対しました。

 

しかし、今となっては180度、見方が変わりました。

  • 自由に稼げてて羨ましい
  • フリーランスって楽しそう
  • 遊びまくってていいな
  • 会社やめたいんだけど…

 

5年前は反対していたくせに、楽しそうに生きている私の姿を見て、今ではうらやましがられる始末です。笑

 

自分でも、仕事が楽しいし、人生も楽しすぎです。

フリーランスという働き方を選んで、本当に大正解でした。

 

【まとめ】フリーランスは楽しすぎ!会社員には戻れない

今回のブログ記事では、フリーランスという働き方、生き方が楽しすぎる件について、語ってみました。

 

自由に、遊ぶように働くことを経験すると、もう会社員には二度と戻れません。

絶対にサラリーマンには戻りたくない。

 

自営業者として、個人事業主として、自分の力で収入を稼ぐ。

自分の人生の時間を、自分の選択で生きる。

 

これが最強、最高の働き方改革であり、人生改革です。

脱サラって勇気が必要だし、フリーランスで安定的に稼いで生活していくには、努力も忍耐も必要です。

 

一応、なんだかんだ厳しい時期もありながら、5年もフリーランスをやっています。

何かご質問や相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

▶【本業可能】クラウドワークス歴3年のライターが稼ぐコツを伝授

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました