ニューカレドニア旅行記をブログ記事に!【2017年ヌメア・アンスバタ個人観光】

      2018/05/17

ニューカレドニア旅行を検討するにあたり、旅行記を参考にする方も多いのではないでしょうか?

私も旅行前に、誰かの個人旅行のブログ記事・世界中の旅行記を読める4travelを参考にします。

街の歩き方や見どころなど、よりリアルに観光プランの全体イメージを膨らませることができますよね^^

さて、ニューカレドニア個人旅行から、はや1年。

私の旅行記はあまり参考にならないと思っていましたが、

よりディープな個人旅行の情報を知りたい人もいるかもしれないと思い、今回、現地情報をまとめてブログ記事にします。

まずはニューカレドニアの首都ヌメア(Noumea)・アンスバタ(Anse-vata)旅行記をお届けします!!

ニューカレドニア旅行記【序盤のヌメア・アンスバタ観光編】

旅行記は超長くなりますので、

とさせていただきます!

 

ツアーではないので、全体プランも、ホテルやレストランも自由に決めています。

ニューカレドニア個人旅行記1.成田からヌメアに到着→ヌメア観光

日本からニューカレドニアへの直行便「エアカラン」は快適なフライトでした。

▶ニューカレドニアの飛行機「エアカラン」は格安直行便!【機内食・映画など評判】

ニューカレドニアのヌメア国際空港(トントゥータ国際空港)には深夜到着。

事前に予約していた送迎バスで、ヌメア市内に移動。

▶【ニューカレドニア】ヌメアの空港からホテルへの移動手段は送迎バスが安い!タクシーは高い!

1日目は格安のヌバタホテルに宿泊。風呂だけ入ってすぐ眠る。

▶【ニューカレドニア】おすすめホテル『ヌバタ』が格安で人気!【口コミ・評判】

翌朝のヌバタホテル。鳥の鳴き声が聞こえる素晴らしいホテルです。

ヌメア市内の鉄板観光スポット「マルシェ(朝市)」へ。

ニューカレドニアのローカルな雰囲気が味わえます!食材も安いし、お土産も売ってる!

ニューカレドニアのマルシェは朝から大賑わい。

マルシェ(朝市)の有名なカフェです。パンもフルーツジュースも美味しい。

▶ニューカレドニアのマルシェで買い物!【お土産も食材もヌメアの朝市!】

ヌメア市内のヨットハーバー。

ヌメア市内の中心地、ココティエ広場です。晴れていて気持ちよい!!

▶ココティエ広場のおすすめ楽しみ方!【ニューカレドニア・ヌメア】

ヌメア市内の立派な教会を外からパシャり。電線が邪魔です^^;

ニューカレドニア・ヌメアの「セントジョセフ大聖堂」は立派でした。

内部まで見学自由。

定番写真スポット「FOLの丘」です。ココティエ広場から歩いて15分ほど!割と疲れます。

▶【必読】ヌメア市内の観光スポットおすすめ5選【超厳選】

ヌメア市内の動物園です。国鳥カグーに会えます!!土日だけバスが出ているようです。

▶ニューカレドニアの動物園【国鳥カグーとカラス】鳥も植物も固有種ばかり!

▶【ニューカレドニアの国鳥】絶滅危惧種カグーの知られざる生態とは?【飛べない鳥】

南国の花もたくさん咲いていました!

ニューカレドニアの初ディナーは、鉄板ステーキ「ストーングリル」です。

▶『ストーングリル』でニューカレドニア産牛肉を食べる!【ヌメアのおすすめレストラン】

ニューカレドニアのホテルヒルトンで、ブログ作業のひと時。

フリーWiFiが弱いので、ちょっと苦労しました。レンタルWiFiがあると便利だったかも。

▶ニューカレドニアでレンタルwifiは必要?【海外のワイファイ環境とは?】

 

これでようやく長い長い1日が終わりました^^

ヌメア市内の観光は、1日あれば十分に回ることができます。

お土産などの買い物をするなら、もう半日くらい必要かもしれません!

(※旅行記ってこんな感じで合ってますか^^;?)

 

ニューカレドニア個人旅行記2.アンスバタ→水上タクシーでカナール島観光

ヒルトンのちょっと背伸びした部屋から見る、アンスバタビーチ。

南国感のあるオーシャンビューです!!朝はちょっと曇ってたけど、午後は快晴になりました。

ニューカレドニア・ヒルトンの朝食バイキングは美味しいです。

でもひとり4000円します・・・物価高すぎ。この日だけの利用です^^;

(参考)ニューカレドニアの物価と通貨を徹底解説!【物価高・高レートでホテル朝食は4,000円】

ヒルトンは1階がショッピングセンターになっています。アンスバタの中心です!

アンスバタのシトロンビーチ(レモン湾)で遊んでいるワンコ。

▶【アンスバタ観光】ニューカレドニア旅行の拠点を観光【アンスバタビーチ・水族館】

このように、ニューカレドニアのワンコは海で自由に遊びます。素晴らしい。

天気が良くなったので、急遽カナール島に行ってみることにしました。

アンスバタビーチから2社、水上タクシーが出ています!

超気軽に離島に行けるなんて、最高ですね^^

メトル島はマリンアクティビティで賑わいますが、カナール島はシュノーケリング中心の静かな島です。

カナール島に到着!一周歩いても10分くらいの、小さな島です。

中央にレストランがあります。島には赤いパラソルが点在していますが、借りるにはお金が必要です!

リゾート感ありますね~。

アンスバタからたった15分で来れるので、是非カナール島でシュノーケリングしてみてください。

カナール島は、これぞビーチリゾート!という感じの素敵な海です。

水上タクシーでアンスバタビーチに戻ってきました。

ニューカレドニアのランチは高いですが、ファストフードなら1000円以下!

マクドナルドより美味しい「クイックハンバーガー」がおすすめ^^

▶【ニューカレドニアのランチ】クイックハンバーガーはフランス資本のファストフード!

ニューカレドニアの照り付ける太陽には、イタリアンジェラートが似合います。

▶パリ発のジェラート『アモリーノ』をニューカレドニアで食べる!【最高のおやつ休憩】

アンスバタビーチの夕暮れです。

ニューカレドニアの人々はペタンクをして遊んでいます。

朝市やスーパーで買い物した食材で、夕飯を自炊しました。

これでひとり700円くらいかな?かなり節約になりますので、キッチン付きの部屋はおすすめです!

ヒルトンは全室キッチン付きですが、ヌバタホテルやルラゴンなども簡易キッチンが付いています。

▶【ニューカレドニア】おすすめホテル『ヌバタ』が格安で人気!【口コミ・評判】

▶【ニューカレドニア】人気ホテルを徹底解剖【ル・ラゴンが超おすすめ】

ヌメアでは、Le Mridien Noumeaというホテルが有名です!

ツアーでもよくつかわれる高級ホテルですが、私は好みではなさそうだったので宿泊しませんでした。

 

ニューカレドニア個人旅行記3.ヌメア市内散歩・ホテルルラゴンでゆったり

ニューカレドニアの人気スイーツ店「ヨグー&コー」で、フローズンヨーグルトを食べます。

好きな味のヨーグルトに、好きなトッピングをする、セルフスタイルです!おやつに大人気!

▶【ヌメア名物】お好みトッピングでフローズンヨーグルト!【ニューカレドニア人気グルメ】

ニューカレドニア・ヌメアの中心「ココティエ広場」で休憩。

フローズンヨーグルトや、スーパーで買ったお菓子、フランスパンなどでお腹を満たします^^

フリーWiFiもあるので、休憩におすすめです!

▶ココティエ広場のおすすめ楽しみ方!【ニューカレドニア・ヌメア】

アンスバタのシトロンビーチ(レモン湾)です。

あいにくの曇り空ですが、2月3月のニューカレドニアは、こんな天気でも暑い。

朝でも夕方でも海に入れるのが、この時期の最高のポイントです^^

▶ニューカレドニアの気候と旅行のベストシーズン【おすすめ時期は9月~12月だけじゃない】

早めにホテル・ルラゴンへチェックイン!

アンスバタの中心エリアにある、中型ホテルですが、その口コミは抜群に高いです。

室内がきれいだし、電子レンジ・食器があるミニキッチン付きです!!

ルラゴンのプールでゆったり泳ぎます。

大型ホテルではないので、人が少なく静かに楽しめます^^

ルラゴンには、こんなジャグジーがあります!!

プールで冷えた身体を温めてくれますよ!

ニューカレドニアではバスタブ付きのホテルが多かったですが、それにしても嬉しい施設です!

ディナーは2度目のストーングリルです。

コストパフォーマンスの良さが素晴らしい!2500円くらいで満腹食べられます^^

▶『ストーングリル』でニューカレドニア産牛肉を食べる!【ヌメアのおすすめレストラン】

夜にもプールに入りました!

年中29℃に設定されているらしく、夜でも快適!

そういえば、サウナもあります。写真は撮れませんでしたが・・・

ニューカレドニア旅行記【ヌメア・アンスバタ観光編】2017年2月24日~28日(まとめ)

ニューカレドニア個人旅行の様子を、旅行記風にブログ記事にしました。

もう2018年になってしまいましたが、知り合いから最新情報もゲットしてなるべく更新しています。

写真は素人がスマホで撮影したものなので、ご容赦いただきたいです。

ほんの少しでもあなたの旅行の参考になればいいなあと思います!

 

次回以降、まだまだ旅行記が続きますので、お楽しみに。

▶ニューカレドニア個人旅行記ブログ【イルデパン観光編】2017

▶ニューカレドニア2017旅行記で評判check!【ブーライユ・サラメア・リビエールブルー編】

ニューカレドニア旅行について分からないことがありましたら、何でもお気軽にご質問・コメントください^^

 

 - カレドニア 観光