海外を住むように個人旅行。旅行ブログで稼ぐ方法も。

【ニューカレドニア】新婚旅行・ハネムーンに超おすすめ【費用相場・プラン・ツアー情報まとめブログ】

2018/09/09
 

海外への新婚旅行をお考えのあなた!ニューカレドニアの新婚旅行・ハネムーンは、自信をもっておすすめできます!

そしてご成婚・ご結婚、誠におめでとうございます。

このブログ記事では、実際に個人手配で17日間の長期旅行をしてきた私が、

ニューカレドニア旅行の基本情報・写真・費用・ツアー・観光プラン・ホテル・旅行記などの詳細情報を総合的にまとめました!!

イルデパンの世界遺産の大自然に囲まれて、ゆっくりとしたリゾート時間を過ごしましょう^^

このガイド記事を読み終わるころには、あなたもニューカレドニアに新婚旅行へ行きたくなっていること間違いなし!

ハワイでもなく、モルディブでもなく、タヒチでもなく、フランス領ニューカレドニアへの海外旅行へ出発進行!

新婚旅行・ハネムーンは「ニューカレドニア」が超おすすめ!

海外での新婚旅行・ハネムーンをご検討のあなたへお伝えしたいことがあります。

それは「ニューカレドニア旅行は最高におすすめ」ということです^^

「天国に一番近い島」と呼ばれるほど、豊かな大自然と、そこで流れるゆったりとした時間がありますので、是非この記事を読んでその魅力の一部を感じていただければと思います。

インスタ映えする写真がたくさんありますよ!

▶ニューカレドニアの魅力を写真で!「天国に一番近い」と人気の理由は?【インスタ映え】

 

ただし、ニューカレドニアの新婚旅行が万人におすすめかというと、そうでもありません。

例えば「とにかくきれいな海と水上コテージで何日間か静かにゆっくり過ごしたい」ということであれば、

もしかしたらモルディブ・タヒチといったリゾートの方が良い!という感想が見られます。

 

実は、ニューカレドニアには、水上コテージのあるホテルは、メトル島にたったひとつ。

「海辺の大型リゾートホテルでオールインクルーシブ・・・」なんて考えていると、ニューカレドニアには向いていません。

ただ、個人的には水上コテージよりも魅力的なホテルがありましたよ!!

▶イルデパンの人気ホテル『ウレテラ』を超おすすめする理由3つ【ニューカレドニア】

 

ニューカレドニア新婚旅行に役立つ情報【場所・シーズン・フライト・物価】

ニューカレドニアの場所はどこ?

ハネムーン旅行先で人気のニューカレドニアは、南太平洋の島国です。

オーストラリアの東側・ニュージーランドの北側に位置しています。

実はニューカレドニアという国は存在せず、フランス領ニューカレドニアです。

そうなんです、フランスなんです^^

「海外ハネムーンの行き先はフランスよ!」と言ってもウソではありません^^;

詳しくはこちらのブログ記事を↓↓

▶ニューカレドニアってどこ?フランス?【場所を世界地図で見てみよう】

 

ニューカレドニアの気候とベストシーズン

新婚旅行の定番ニューカレドニアは、南半球にあるため、四季が日本と逆です。

気候は、亜熱帯気候に属しているため年間平均気温は24℃と暖かく、雨季ありません。

太陽の日差しが強く、海も空も植物も鳥たちも、キラキラしています!!

 

ただし、ニューカレドニアは常夏ではありません。

4月・5月・6月・7月・8月あたりは、ニューカレドニアの秋冬なので、

ビーチに入るにはかなり寒い季節です。

逆に、ベストシーズンは9月・10月・11月・12月・1月・2月・3月ということになります!!

旅行会社もこの季節を狙ってツアーを組んできますので、要チェックです^^

詳しくはこちらのブログ記事を↓↓

▶ニューカレドニアの気候と旅行のベストシーズン【おすすめ時期は9月~12月だけじゃない】

▶ニューカレドニアに雨季はない!ずっと乾季!?【スコールが過ぎれば晴れ】

 

ニューカレドニアへの直行便のフライト時間・時差

海外での新婚旅行・ハネムーンでは、移動距離・移動時間も気になるところ。

日本からニューカレドニアへの飛行機は、エアカランという航空会社の直行便が就航しています!!

成田から首都ヌメアまで、約8時間30分のフライト時間です。

ニューカレドニアと日本は意外と近いです!!

天国にも一番近いですが!

ハネムーンはヨーロッパも定番ですが、飛行機での移動に13時間くらいかかりますからね;

 

ニューカレドニアへの航空会社エアカランは評判が良く、快適な空の旅を過ごせますよ^^

航空券も安いです。コスパが高いのもニューカレドニア旅行のおすすめポイント!

詳しくはこちらのブログ記事を↓↓

▶ニューカレドニアの飛行機「エアカラン」は格安直行便!【機内食・映画など評判】

▶【ニューカレドニア】新婚旅行の値段相場・予算をcheck!【安い時期狙いで費用節約】

 

ちなみに、時差は2時間のみで、日本の正午がニューカレドニアの14時です。

▶ニューカレドニアと日本の時差は2時間!時差ボケなし【飛行時間は8時間半】

 

ニューカレドニアの物価・通貨(費用・予算に影響大・・・)

新婚旅行・ハネムーンは人生に一度きり。

とはいえ、旅行費用が予算を上回ってしまってはいけません。

その点、唯一ニューカレドニアへの新婚旅行で注意したほうが良いのが、この物価の高さです。

 

実は、ニューカレドニアの物価はとても高いです。。。

特に食費は高く、レストランでは一食3000円以上を覚悟する必要があります。

もちろん、ランチもです^^;

 

費用の高さにびっくり仰天するほどでもありませんが、日本の1.3倍くらい高い体感です^^;

ちなみに通貨はCFP(フレンチ・パシフィック・フラン)というものを使っています。

詳しくはこちらのブログ記事を↓↓

▶ニューカレドニアの物価と通貨を徹底解説!【物価高・高レートでホテル朝食は4,000円】

 

ただ、食費を抑えながら食事を楽しむ方法ももちろんあります!

おすすめレストランなどを参考にしてみてください^^

▶『ストーングリル』でニューカレドニア産牛肉を食べる!【ヌメアのおすすめレストラン】

▶ニューカレドニアの買い物はスーパーを使いこなせ!【食費・お土産も安く】

 

そして前述しましたが、ニューカレドニア旅行のコスパの良さは、航空券代が安いところにあります。

物価は高いですが、旅費トータルで見ると、コスパは良好!!

▶【ニューカレドニア】旅費の相場を完全公開!ツアーは高い!個人が安い!

※その他、役立つ基本情報はこのカテゴリーからどうぞ。

 

ニューカレドニアの新婚旅行・ハネムーンが人気でおすすめな理由!魅力は?

ニューカレドニア旅行は、新婚旅行・ハネムーンにおすすめです!!

海外挙式の旅行先としても日本人に大人気!

天国に一番近い島と呼ばれる、その理由を、カメラ素人の私があえて写真で説明したブログ記事です↓↓

▶ニューカレドニアの魅力を写真で!「天国に一番近い」と人気の理由は?【インスタ映え】

 

プロのカメラマンが撮れば、どんな国でも素晴らしい写真が撮れると思います。

でも私のように写真に興味が無く、普段カメラもあまり使わない素人が、このような魅力的な写真を撮れるというのは、ニューカレドニアという素材が素晴らしかったからです。

ニューカレドニア観光の魅力を言葉にして伝えるのは本当に難しいのですが、

一言で言うなら「ありのまま」です。

 

きれいな空・照り付ける太陽・澄んだ海・生き生きとした植物や動物。

知らない人でもすれ違う時に目があえば「ボンジュール」。陽気で明るい人々。

娯楽施設がない、テレビもあまり見ない、休日は広場の木陰で友人と喋るという自然体が日常。

ホテルもナチュラルで、変に気取りすぎず、無理が無い。

ゆったりと流れる時間が、そこにあります。

(うーん、コピーライターレベルが低いです笑)

 

新婚旅行・ハネムーンだからこそ、自然体で、ありのままの自分たちで、過ごせたらいいですよね^^

▶ニューカレドニアの人々の国民性・人柄が魅力【穏やかで治安も最高】

▶ニューカレドニア離島の目玉!イルデパン個人旅行【天国に一番近い島とは?】

 

ニューカレドニア新婚旅行・ハネムーンの予算、費用、相場は?【ツアー料金】

ニューカレドニアへ新婚旅行・ハネムーンへ行くとすると、

だいたいどのくらいの予算を考えておけば良いでしょうか?

結論としては、ひとり20万円以内のものから、ひとり50万円以上のものまで、幅広くハネムーンツアーが用意されています。

 

例えば費用が格安のハネムーンツアーだと、

ヌメア市内の割安ホテル「ヌバタ」に2泊し、人気NO1離島「イルデパン」に1泊して、帰国する3泊5日で16万円~というのがH.I.Sにありました。このあたりが最安の値段ですかね。(HISもピンキリです)

ただ、格安個人旅行がモットーの私からしても、

この↑ツアー内容でハネムーンに行こうとは思いません。正直これだと、学生旅行です;

 

逆に費用の高いハネムーンツアーの内容は、

ヌメアに2泊、メトル島の水上コテージに2泊、イルデパンに2泊で、各滞在地で遊べるツアーが最初からついている至れり尽くせりのパッケージツアーです。近畿日本ツーリストで53万円~でした。

ホテルのランクも高いので、これぞハネムーン!という雰囲気が出ると思います^^

ニューカレドニアのおすすめスポットを知り尽くしたガイドさんがいれば、海外旅行初心者でも安心!

▶【ニューカレドニア】イルデパンの人気ホテル『ウレテラ』が超おすすめ!

考えただけで楽しくなるプランです。でもツアー代金が高い。。。

 

実際のところ、ニューカレドニアのハネムーンツアーは多くの旅行会社が取り扱っています。

なので、

  • どのツアー会社が信用できるのか
  • どのツアー内容がハネムーンとして素敵なのか
  • どのツアーが自分たちの希望に近いのか
  • どのツアーの料金が妥当なのか

ということを非常に悩むと思います。

何しろ、新婚旅行・ハネムーンは一生に一度のことですからね^^

 

そこで私がズバリおすすめするのは「タウンライフ旅さがし」というサービスです。

自分たちの希望する時期・行きたい離島・やってみたいことなどを入力すると、

複数のツアー会社からツアー内容とツアー料金の見積もりが出てくるのです!!!

これ、超便利です!!!使い方はこの記事を↓↓

▶【タウンライフ旅さがし】ニューカレドニア旅行の見積りを無料比較!

  • 自分たちの希望になるべく近いプランを提案してほしい
  • ニューカレドニアでどのように過ごすと楽しいか提案してほしい
  • 新婚旅行におすすめのホテルを予約してほしい
  • 旅費がいくらになってしまうのか料金が知りたい

といったお悩みをお持ちの方は、今すぐ相談してみましょう^^

 

ニューカレドニアへの新婚旅行・ハネムーンをおすすめできない人とは?

日本人のハネムーン旅行先として大人気のニューカレドニアですが、

イメージを誤解している人はいないでしょうか?

 

例えば、モルディブ・タヒチのように水上コテージと海だけで、2人だけの時間をゆったりのんびり過ごすハネムーンをお考えの方。

ニューカレドニアには水上コテージはメトル島にたったひとつしかなく、日中は日帰り客も来て賑わいます。

オールインクルーシブでもなく、バトラー・ガイドさんも付きませんので、やはりモルディブとニューカレドニアのハネムーンは雰囲気が違います。

 

そして、ハネムーンでフランス感(ヨーロッパ感)を味わいたい方。

ニューカレドニアはフランス領で「プチ・パリ」と呼ばれたりもしますが、フランス感は薄いです^^;

街並みもヨーロッパのそれと比べると、田舎ですし、やはりビーチリゾート感が出ています。

 

もしもニューカレドニアにヨーロッパ感を求めてくるのであれば、期待外れになるかもしれません・・・

 

グルメでいうと、フランスパンは安いし、フランス料理のレストランも美味しいと評判ですが、ニューカレドニアの必食グルメはシーフードです。

話はそれますが、「天使の海老」という世界最高品質のエビは、是非食べてきてください^^

▶【ニューカレドニア】天使の海老とは?世界最高品質は超絶品だった【天使のエビ】

ニューカレドニアの新婚旅行・ハネムーンを断固おすすめします!(まとめ)

ご結婚されて、海外での新婚旅行・ハネムーンをお考えのあなた、ニューカレドニア旅行はいかがでしょうか?

毎年のように、海外ハネムーン人気ランキングに入るニューカレドニアの魅力が少しでも伝われば幸いです。

 

この記事では、ニューカレドニアの基本情報・魅力・予算・ツアーなどの情報をまとめました。

日本から直行便で8時間半ですから、フランスなどのヨーロッパ各国と比べるとアクセスが楽チン。

日本と四季が逆なので、10月~3月シーズンの出発が特に暖かくておすすめ時期です!治安もいいし。

 

世界遺産にも登録されたサンゴ礁を持つ、とっておきの大自然が天国に一番近い島と呼ばれる理由です。

タウンライフ旅さがしで自分の希望にピッタリのツアーを比較・見積りしましょう。

 

素敵な新婚旅行・ハネムーンになりますよう、心より祈っています。

ツアーを利用する方は、内容・金額・感想・評価について、何でもお気軽にご相談ください^^

 

※以下のブログ記事では、ニューカレドニアのお土産について情報紹介しています^^

▶【ニューカレドニア】お土産はニアウリコスメ・カグー雑貨・チョコがおすすめ!

▶ニューカレドニアのお土産を通販で!おすすめばらまき土産4選【職場・友人へ】

 

ニューカレドニア旅行記も合わせてご覧ください↓↓

▶ニューカレドニア旅行記をブログ記事に!【2017年ヌメア・アンスバタ観光編】

▶ニューカレドニア2017旅行記で評判check!【ブーライユ・サラメア・リビエールブルー編】

▶ニューカレドニア個人旅行記ブログ【イルデパン観光編】2017

Copyright© 天国に一番近い個人旅行 , 2018 All Rights Reserved.