【ニューカレドニア】旅行日数は何泊何日?二泊三日もOK!4泊・5泊がおすすめ!

カレドニア 観光

ニューカレドニア旅行は何泊何日あれば十分に観光を満喫できるでしょうか?

  • ニューカレドニア旅行は何泊必要?
  • 何泊何日のツアーがおすすめ?
  • 4泊、5泊するときの観光プランは?

といった疑問をお持ちの方に向けて、ブログ記事に情報をまとめました。

17日間、個人旅行をしてきた私としては「4泊以上」の日数がおすすめ!

ただ、2泊3日・3泊4日の週末旅行でも十分にリゾート感を味わえるツアーもあります!

ニューカレドニアの空気を吸うだけで感じる魅力がありますので、絶対に無駄にはなりません。

今回のブログ記事では、滞在日数ごとのおすすめの観光プラン・モデルルート・楽しみ方を紹介します!!

スポンサーリンク

ニューカレドニア旅行は何泊何日がおすすめ?必要日数

天国に一番近い島ニューカレドニアの旅行は、日数が何泊あれば楽しめるでしょうか?

 

15泊もしてしまった筆者のことはほっといて、

最短の2泊からおすすめの4泊以上まで、その楽しみ方・観光プランを紹介していきます^^;

結論としては、4泊5日以上の日数があると、イルデパン観光も十分に出来ておすすめです。

 

最短日数は2泊3日(4日)!ニューカレドニアは近い!

ニューカレドニア旅行は2泊3日(機内泊があるので4日)が最短日程です!

二泊三日だと国内旅行でも物足りない気がしますが、行くことが重要。

アリです。

 

直行便エアカランを利用することで、8時間半のフライト時間で到着します^^

  • 1日目:昼に成田(関空)をエアカランで出発→夜にトントゥータ国際空港着→送迎バスでヌメア市内へ(ホテル宿泊)
  • 2日目:ヌメア市内観光・カナール島やメトル島で離島観光・アンスバタ観光など
  • 3日目:イルデパンの日帰りツアー(or2日目でやり残した観光)→エアカランの夜便で日本へ帰国
  • 4日目:日本到着

こんなモデルコースはいかがでしょうか?

2日目にはアンスバタの水上フレンチレストランでディナーなんてのも、良いですね。

 

イルデパン日帰りツアーを強引に入れ込んでみました。

忙しいですが、その価値があります。

 

もちろん、アンスバタやヌメア市内のホテルを中心に、

南太平洋とフランス感を味わいながらゆったりするのも最高です^^

▶ニューカレドニア離島の目玉!イルデパン個人旅行【天国に一番近い島とは?】

▶【必読】ヌメア市内の観光スポットおすすめ5選【超厳選】

海外旅行は「スケジュールが空いたら行きたいな」ではなく「このスケジュールで行くことに確定」という姿勢が重要です!!

ヨーロッパだと2泊・3泊では無理ですが、ニューカレドニア旅行は意外とお気軽に行けます!

 

8時間半で着いちゃうし、飛行機代が安いので!

同じビーチリゾート地でも、タヒチ・フィジーは航空券が高いですからね;

▶ニューカレドニアの時差は2時間!時差ボケなし【飛行時間は8時間半】

 

3泊4日(5日)ならニューカレドニアの離島観光も楽しめる!

ニューカレドニア旅行は3泊4日(5日)くらいからツアーが増えてきます。

せっかくの海外旅行ですから、もう少し休みを取りたいところですが…

 

3泊あるので離島も楽しみましょう!

こんなニューカレドニア満喫の観光モデルコースはいかがでしょうか?

 

旅行会社のツアーだと、3泊4日(5日)でイルデパンに宿泊する商品は少ないです。

しかし、ニューカレドニアへ行くなら、離島観光(できれば宿泊)は是非行っておきたいところです!

 

すこし移動時間が長くて疲れるかもしれませんが、天国に一番近い島の大自然の感動が上回ります。

 

ちなみに、イルデパンでは特に観光の必要はないです。

世界遺産のビーチでのんびり、ぼ~っとしましょう^^

▶【カヌメラ湾クト湾】イルデパンが誇る世界遺産の海を泳ぐ

 

4泊5日(6日)以上の旅程が一番おすすめ!

ニューカレドニア旅行は4泊5日(6日)になると、だいぶゆったり観光できます!

ツアー会社でも離島宿泊プランが多くなります。

 

個人的にも4泊5日(6日)以上をおすすめしたいです!

ニューカレドニアの魅力を存分に体感できるおすすめの日程!

ウレテラでは朝食も付くので、イルデパン滞在は快適です。

 

イルデパンへの飛行機「エアカレドニア」は欠航が多いので、

前後一日余裕を見ておくことをおすすめします。あとは運任せですが…

▶【必読】エアカレドニア個人手配で格安イルデパン【予約に難あり】

▶【ニューカレドニア】イルデパンの人気ホテル『ウレテラ』が超おすすめ!

 

5泊6日(7日)以上になると、ニューカレドニアマスターになれる!

ニューカレドニア旅行で核となる観光地は、4泊6日のプランで十分に回れると思います!

 

5泊6日以上になると、さらにプラスアルファで観光範囲を広げることができます!!

例えば、

などなど。

 

筆者は17日間も何をしていたのか?と聞かれると、実は、あまり何もしていなかったように思います。笑

 

アンスバタビーチで泳ぎ、昼寝して、ショッピングにくりだしてみたり、

ココティエ広場でビニールシート敷いて寝転び、フリーWIFIで調べ物をしたり、

レンタカーでドライブしてみたり、

ニューカレドニアに住んだかのように、気ままに過ごしてきました^^

 

お土産もたっぷり買ってきましたよ!!

▶ニューカレドニア旅行のおすすめお土産【人気No.1土産ニアウリとは?】

 

ニューカレドニア・ツアー会社では何泊何日が人気?

ニューカレドニア旅行を専門的に取り扱っている旅行代理店では、何泊何日のツアーが人気でしょうか?

例えば、南国リゾートに強い「STワールド」さんのHPを確認すると、

このようになっています。

人気順でトップの方に表示されるのは、6日・7日のツアーです!

 

ツアー内容としては、

私が紹介した離島観光などは短くて

 

ツアーの方が旅行代金が安い時期もありますが、私は全て個人手配するオリジナル旅行が好きです。

自由に好きなようにプランを組めますよ。

 

ニューカレドニア旅行の滞在日数は4泊以上がおすすめ!

今回のブログ記事では、ニューカレドニア旅行に必要な日数と、何泊何日がおすすめか、旅行プランを紹介してみました。

いかがだったでしょうか?

 

ニューカレドニア旅行を存分に満喫するのであれば、4泊5日(6日)以上がおすすめ!!

しかし、2泊3日でも3泊4日でも、旅行する価値があるのがニューカレドニアです。

 

あちこち飛び回らなくても、アンスバタとヌメアだけでも、十分に海のきれいさと、フランス感を味わうことができます。

 

離島イルデパンは個人的に是非行ってほしいですが、

ニューカレドニアの素晴らしさは離島だけではありません。

 

首都ヌメアでさえ、ゆったり流れる時間・日本とは色の鮮やかさが違う大自然を味わうことができるはずです^^

 

新婚旅行も女子旅も一人旅も、

観光プラン・スケジュール・モデルプラン提案など、ご質問等あればいつでもお気軽にどうぞ!

問い合わせフォームから、大募集中です^^

▶【ニューカレドニア旅行中のあなたへ】WEB相談を募集中!観光地・お土産・ホテルなど質問ください!

 

こちらの記事もおすすめです!

▶新婚旅行・ハネムーンはニューカレドニアがおすすめ!【ツアー・費用・予算】

▶ニューカレドニアの時差は2時間!時差ボケなし【飛行時間は8時間半】

▶ニューカレドニアへの飛行機は1人6万!8.5時間!【直行便エアカラン】

▶ニューカレドニアでレンタルWiFiは必要?【フリーWiFiは制限アリ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました